狭小住宅を楽しむアイデア

狭小住宅の間取りを考える際は、限られたスペースを有効に使い、ゆとりある暮らしを実現したいものです。居住空間を確保するには、二階建て、三階建てと階数を増やすだけでなく、ロフトや地下室を設けるという方法があります。

こちらではロフトと地下室、それぞれの持つ魅力や活用アイデアをご紹介します。

ロフトは部屋を広く見せ、活用アイデアも豊富

ロフトの階段

ロフトとは、小屋裏部屋、小屋裏物置等と呼ばれるスペースです。住宅の天井を高くし、部屋の一部を二層式にした場合の上部スペースを指すことが多いです。建築基準法では、天井高1.4m以下、床面積は下の階の2分の1以下といった規定が定められています。

ロフトを設けると、視線が遠くまで抜けるため視覚的な奥行きが生まれ、部屋が広く感じられます。また、ロフトは階数に算入せず、法定床面積(建築基準法をもとに算出する床面積)にも含まれないため、固定資産税の課税対象外となる点もメリットです。

ロフトは、物置や倉庫などの収納スペースとして使用されることが多いですが、他にも様々な活用方法があります。仕事に集中する書斎、本棚を置いた家族の読書スペース、一人で過ごすリラックススペースとして活用するのもおすすめです。

敷地が限られる狭小住宅では、子ども部屋にロフトを設けて遊び部屋にしたり、寝室や趣味のスペースとして活用することも多いです。デザイン性の高い階段や手すりを設置すれば、おしゃれなインテリアの一部にもなります。

ロフトを設けるには、建築基準法や自治体のルールを守る必要がありますが、その基準内であれば使い方やデザインは自由です。

地下室は容積率の緩和が適用され、快適性もアップ

ドラムキットがある地下室

日本で地下室を取り入れている住宅は多くありませんが、狭小住宅の居住空間を増やす方法としても有効です。

一定の条件を満たした地下室は、床面積が建物全体の3分の1以下であれば、建築基準法が定める容積率(敷地面積に対する建物の延べ面積の割合)には算入されません。

地階(床が地盤面の下にある階)である、地階の天井が地盤面から高さ1m以下、住宅として使うといった条件を満たせば、容積率の緩和が適用されます。

三階建てにすると容積率をオーバーしてしまう住宅も、地下室を設ければ、土地の広さはそのままで居住空間を増やすことが可能です。

地下室は防音性が高く、外気温の影響を受けにくいというメリットがあります。外の騒音をシャットアウトするだけでなく、音が外に漏れにくいため、シアタールームや楽器の演奏など、趣味を楽しむ部屋として最適です。

また、地下の温度は外気温に比べて温度変化が少ないため、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。近年は、湿気対策の改良が進んで快適性が向上し、寝室や書斎、納戸、貯蔵庫など幅広く使えます。実際に使い始めると、予想以上の快適さが得られるでしょう。

世田谷区で家づくりのことなら狭小住宅を得意とする東京ビルドへ ローコスト住宅や三階建てもお任せ

世田谷区で工務店をお探しの方は、東京ビルドをご利用ください。世田谷区をはじめとする幅広い地域での施工実績が豊富にあります。特に狭小住宅を得意としており、既成概念にとらわれない自由な発想で、限られたスペースを最大限に使ったデザインをご提案いたします。

ローコスト住宅や三階建ての施工実績も豊富なため、世田谷区で家づくりをお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

世田谷区で狭小住宅をご希望なら東京ビルドへ

会社名 株式会社東京ビルド
設立 平成30年3月
代表者 加藤 祥
資本金 6,000万円(グループ連結)
住所 【本社・ショールーム】 〒150-0011 東京都渋谷区東2丁目14−13 leaf east B1 詳細を見る
TEL 03-6451-1586
URL https://www.tokyobld.co.jp/
事業内容
  • 建築工事一式及びそれに付帯する工事
  • 不動産売買及び管理
許可番号 TOKYO HOUSE HLD (般-30)第150004号