新築住宅の快適性・美観を左右する外壁材の種類

新築住宅では間取りや設備など考えることがたくさんあり、外壁材選びもその中の一つです。一口に外壁材と言っても、様々な種類があります。種類によって特徴が異なるため、比較しながら選ぶことが大切です。

こちらでは、外壁材の種類をご紹介します。

新築住宅の外壁材選び!外壁材の種類

レンガの外壁

モルタル

モルタルは、セメントと砂を混ぜた外壁材です。仕上げ加工にはザラザラ感のあるジョリパット、砂壁状のリシン、細かい凸凹がありツルツルとしている吹きつけタイルなどがあり、それぞれ質感が異なります。

工場で作られた製品では出せない、質感の表現が魅力的です。つなぎ目もないため、一体感が生まれます。一方で、手作業で施工するため施工期間やコストがかかります。また、年月が経つとひび割れが起きやすいため、雨漏りに注意が必要です。

窯業系サイディング

セメントに木質系の繊維を混ぜて成型・加工した外壁材です。多くの新築住宅に採用され、現在は主流となっています。デザインが豊富で様々な色や柄を選べるのが魅力的です。型に流し込んで成型するため施工性が高く、比較的価格が安いといった特徴があります。

また、耐火性・遮音性・耐震性に優れているのも特徴です。目地を埋めるシーリングは定期的にメンテナンスを行い、防水機能を維持する必要があります。

金属系サイディング

アルミニウムやガルバリウム鋼板を使用した外壁材です。窯業系サイディングに比べ、メンテナンスの必要が少ないというメリットがあります。耐震性・断熱性・耐凍害性・遮音性に優れていることから、寒冷地の住宅におすすめです。

しかし、金属の特性からサビが発生しやすいという特徴もあります。表面が薄いためひっかき傷ができやすく、状態に応じた補修が必要です。

木質系サイディング

木質系サイディングは、天然の木に塗装をして仕上げた外壁材です。自然の木の風合いを楽しめるのはもちろん、木の種類によっては高い耐久性が期待できます。しかし、価格は窯業系サイディングと比べて高い傾向にあります。また水分に弱いため、こまめなメンテナンスが必要です。

ALC

コンクリートに発泡剤を混ぜ、細かい気泡を含ませることによって軽量化したコンクリートパネルです。コンクリートの耐久性はそのままに、重いという欠点を克服した外壁材で、パネル内部にある複数の気泡により、断熱性・耐衝撃性を高めています。

他の外壁材に比べて価格が高いのですが、きちんとメンテナンスすれば約50年持つという耐久性の高さが魅力です。大規模リフォームをせずに性能を維持できるため、トータルコストに優れています。

外壁材選びで迷う方も多いケイミューとニチハの窯業系サイディング

東京ビルドでは、「ケイミュー」「ニチハ」などの外壁材を扱っています。この2つはサイディングの代表的なメーカーで、中にはどちらにしようか迷っている方もいらっしゃるでしょう。

ケイミューで特に有名なのは、「光セラ」です。こちらは、晴れた日には光触媒が壁の汚れを分解し、雨の日は分解した汚れをきれいに洗い流してくれる外壁材です。1年中セルフクリーニングしてくれるうれしい特徴があります。

一方でニチハは、「フュージェ」が有名です。プラチナコートとマイクロガードで美しさを長持ちしてくれる外壁材で、メンテナンスコストを下げられるのが魅力的です。

外壁材にこだわった品質の高いローコスト住宅を実現する工務店

自信のある不動産業者

汚れにくい外壁材を選ぶことで、新築住宅の美しい姿を維持しやすくなります。また、遮熱や断熱といった機能性に優れた種類は室内の快適性にもつながります。

注文住宅を手掛ける東京ビルドは、価格を抑えた上質な「ローコスト住宅」を得意としており、目黒区や世田谷区といった城南エリアで多くの施工実績がある工務店です。

1000種類を超える外壁材の中からすべて標準でお選びいただけます。機能性はもちろん、デザインや価格もご希望に沿えるよう、様々なご提案をいたします。

目黒区・世田谷区でローコスト住宅をお考えでしたら、お気軽にお問い合わせください。

目黒区で工務店にローコスト住宅の相談をするなら東京ビルド

会社名 株式会社東京ビルド
設立 平成30年3月
代表者 加藤 祥
資本金 6,000万円(グループ連結)
住所 【本社・ショールーム】 〒150-0011 東京都渋谷区東2丁目14−13 leaf east B1 詳細を見る
TEL 03-6451-1586
URL https://www.tokyobld.co.jp/
事業内容
  • 建築工事一式及びそれに付帯する工事
  • 不動産売買及び管理
許可番号 TOKYO HOUSE HLD (般-30)第150004号