住宅の建築工法の種類

家づくりで、どの建築工法を選べば良いのかお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。建築工法は住宅の構造を決める重要なものであり、住宅の性能や間取り、費用などの様々な要素に影響を与えます。

こちらでは、日本の住宅で主流となる建築工法の種類と、それぞれの特徴をご紹介します。

住宅の建築工法は主に4種類

建築中の住宅

建築工法には様々な種類がありますが、日本における住宅の建築工法で代表的なものは、以下の4種類に分けられます。

木造軸組工法(在来工法)

木材の土台や柱を使って骨組みを組む木造軸組工法(在来工法)は、日本で最も広く普及している伝統的な工法です。

多くの建設会社が主軸とする工法で、自然素材の良さや日本らしいデザインを引き出すことができます。他の工法に比べて費用を抑えられる点もメリットです。

設計の自由度は高く、狭小住宅や変形地などの様々な条件に対応できます。近年では材料の工夫により、建物の強度や耐震性も向上しています。

2×4(ツーバイフォー)工法

北米で普及した2×4(ツーバイフォー)工法は、厚さ約2インチ×幅約4インチなどの板材を組み合わせて、箱状に建物を組み立てる工法です。

柱や梁などの線材ではなく、床や壁などの面材で建物を支えるため、耐震性や気密性、断熱性に優れているという特徴があります。

また、材料寸法や施工方法が規格化されているため、職人の技術差による品質のばらつきが少なく、短い工期で費用を抑えて施工することができます。

鉄筋コンクリート工法(RC造)

鉄筋とコンクリートを組み合わせて、柱や梁、壁などの構造体をつくる工法です。引っ張る力に強い鉄筋、圧縮力に強いコンクリートのそれぞれの長所を生かすことで、非常に強固な構造となります。

耐久性や耐震性、耐火性に優れ、耐用年数が長い点がメリット。コンクリートは音が伝わりにくく、遮音性に優れているのも特徴です。重量が比較的重いため、中高層の建物に多く採用されています。

鉄骨造(S造)

鉄製や鋼製の柱や梁、筋交いなどで骨組みをつくる工法です。用いる部材によって重量鉄骨造と軽量鉄骨造の2つに分類されますが、費用はいずれも鉄筋コンクリート工法より安価になる場合が多いです。

木造住宅に比べて強度が高いため、間取りに融通が利き、柱が少ない広々とした空間やリビングを設計することができます。

他にも様々な建築工法がありますが、どの工法が最も優れているということはなく、それぞれに利点があります。各工法の特徴を理解したうえで、建物の大きさや費用なども考慮し、理想の家づくりに適した建築工法をお選びください。

世田谷区で狭小住宅に住むなら東京ビルドへ 費用や間取りについてもお気軽にご相談を

緑の中の二つの家の模型

東京ビルドは、世田谷区をはじめ目黒区や大田区などの城南エリアで、多数の施工実績があります。限られたスペースを最大限に使った居住空間の提案を得意としていますので、世田谷区の狭小住宅もお任せください。

狭小住宅ならではの工夫を凝らすことで、長く快適に暮らせる住宅を実現いたします。リビングからの動線を考えた間取りや、ご予算に合わせたローコスト住宅などのご相談にも対応しています。世田谷区や目黒区で家づくりをお考えの方は、東京ビルドへお気軽にお問い合わせください。

世田谷区で狭小住宅なら東京ビルドがお手伝いします

会社名 株式会社東京ビルド
設立 平成30年3月
代表者 加藤 祥
資本金 6,000万円(グループ連結)
住所 【本社・ショールーム】 〒150-0011 東京都渋谷区東2丁目14−13 leaf east B1 詳細を見る
TEL 03-6451-1586
URL https://www.tokyobld.co.jp/
事業内容
  • 建築工事一式及びそれに付帯する工事
  • 不動産売買及び管理
許可番号 TOKYO HOUSE HLD (般-30)第150004号