家づくりにおいて重要!暮らしに大きな影響を与える間取り

住み心地の良さを左右する間取り。家づくりにおいて非常に大切な部分です。こちらでは、家づくりで重要な間取りの考え方についてご紹介します。

新築住宅を建てる際にしっかり考えよう!間取りの重要性

ウッドデッキに繋がるキッチン

間取りは生活に大きな影響を及ぼす重要なものです。

収納力を重視した間取り、家事がスムーズにできる間取り、掃除がしやすいシンプルな間取り、子どもとのコミュニケーションがとりやすい間取りなど、ご家庭のライフスタイルによって間取りに求められるものは異なります。

間取りを考える時、大切なのは動線です。動線を意識しながら間取りを設計しないと、家事のしにくい家、生活しづらい家になってしまいます。動線には、「家事動線」「生活動線」「来客動線」があり、それぞれの動線がなるべく交わらないよう設計するのがポイントです。

例えば、玄関からリビングに行き来する動線上にトイレや洗面所を設置しないようにすることで、来客中でも家族が気軽にトイレや洗面所を利用することができます。

また、洗濯物を抱えてリビングを横断する必要がないよう、ランドリースペースの隣に物干し場を設置するなど、部屋の配置から家具、設備まで含め、人の動きや効率を考えてプランニングすることが大切です。

間取りの決め方はどうする?

3つの家の模型と設計図

敷地のメリットを活かす

日当たりのいい場所、眺めのいい場所など、敷地にはそれぞれ特徴があります。良いところは活かし、悪いところは解消できるような間取りにすることが大切です。

家にあるすべてのものに定位置を決める

収納を考える際、家にあるすべてのものに定位置を決めるのがポイントです。そうすることで室内のイメージがしやすくなります。

特に忘れがちなのは、ゴミ箱を置く位置です。後になって「ゴミ箱を置くスペースがない」「ゴミ箱を置くと狭くなる」といったことがないよう、どこにどう置くのかイメージしながら間取りを考えましょう。

将来を見据え、変化を予測する

長く快適に住めるよう、現在だけでなく何年先も見据えた間取りにすることが大切です。例えば、子どもが成長したあとの収納スペースを考える、家族が増えた場合のコンセント数や部屋の数を考えるといったことが挙げられます。

狭小住宅は広く見せる工夫を

狭小住宅の場合は二階建てや三階建てにすることで居住スペースを確保します。階段を設置する必要があるため、窮屈に見せない間取りの工夫が必要です。階段下を収納スペースとして有効活用する、スケルトン階段や吹き抜けで圧迫感をなくすなど、狭小住宅ならではの間取りを考える必要があります。

理想の家づくりをサポート!工務店東京ビルドは世田谷区での実績も豊富

模様替えとは違い、間取りは簡単に変更することができないため、しっかりと考えることが大切です。どんな暮らしがしたいのか家族で話し合い、工務店などプロ目線からの提案も取り入れながらご家族にとってベストな間取りを見つけてください。

工務店に家づくりの相談をしたいとお考えなら、東京ビルドにお任せください。

人に寄り添う工務店・東京ビルドは狭小住宅、ローコスト住宅の建築を得意としており、世田谷区や目黒区といった城南エリアでの施工実績が豊富です。

狭小住宅でも快適に暮らせるような間取りのご提案もお任せください。10年・20年先も安心して快適に過ごすことができる理想の新築住宅を叶えます。家づくりのために工務店をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。

世田谷区で工務店に住宅についてお問い合わせをするなら東京ビルドへ

会社名 株式会社東京ビルド
設立 平成30年3月
代表者 加藤 祥
資本金 6,000万円(グループ連結)
住所 【本社・ショールーム】 〒150-0011 東京都渋谷区東2丁目14−13 leaf east B1 詳細を見る
TEL 03-6451-1586
URL https://www.tokyobld.co.jp/
事業内容
  • 建築工事一式及びそれに付帯する工事
  • 不動産売買及び管理
許可番号 TOKYO HOUSE HLD (般-30)第150004号