注目を集めるローコストの新築住宅で心地良い暮らしを

新築のローコスト住宅や狭小住宅を得意とする工務店東京ビルドは、お客様の理想を形にするお手伝いをいたします。目黒区や世田谷区の新築戸建住宅を中心に、多くの施工実績があります。

ローコスト住宅はその価格の安さから不安を覚える方も少なくありません。しかし、しっかりとポイントを押さえておけば住み心地の良い空間にすることが可能です。こちらでは、近年注目を集めているローコスト住宅を建てる際のポイントをご紹介します。

ローコスト住宅を建てるなら知っておきたいポイント

checkの文字を指す指し棒

建材の確認

ローコスト住宅は費用を抑えるために素材・建材を一括管理していることがあります。安い建材を使用しているということに不安を覚える方もいらっしゃいますが、住宅建築は建築基準法に則って行われるため、標準以下の耐久性になることはありません。

しかし、外壁や屋根は建材によって性能が異なります。どんな建材を使っているのか気になる、使用したい建材があるという方は、確認しておくことをおすすめします。

諸費用について

実際に家を建てるには、建物価格以外にも外構工事、水道や電気などインフラの整備費用、各種手続き費用など、様々な費用が発生します。そのため、これらもきちんと考えながら予算を決める必要があります。

また、間取りや建材などの変更にオプション費用が発生することがあります。その他の費用も併せたトータル費用を把握しておくことが大切です。

アフターメンテナンス

建築依頼をする工務店の保証やアフターメンテナンスについてもチェックしましょう。工務店によって保証期間やアフターメンテナンスの内容は異なるため、事前に調べておくと安心です。

満足できるローコスト住宅にするために

指差ししている不動産業者と家の模型

費用をかける箇所の優先順位を決める

ローコストで理想の注文住宅を実現するためには、費用をかける部分の優先順位を決めておくことが大切です。

長い間暮らす住宅。毎日使用する場所の使い勝手が悪いと、日々の暮らしがストレスになってしまいます。コストを抑えることに注力してしまうと、暮らしやすさについては意外と忘れがちになることもあるので、注意が必要です。

特にキッチンやバスルーム、トイレなどはこだわりたいという方も多いのではないでしょうか。家族でしっかりと話し合い、優先順位を明確にしましょう。

生活動線を意識した設備の位置

換気や照明、コンセントの位置など、ちょっとした設備の位置も大切です。特にコンセントは数が足りなかったり、設置位置が悪くて使いにくかったりすると大変不便です。延長コードを使用したり、一つのコンセントに接続が集中したりするのは避けたいもの。

どこにコンセントがあれば便利なのか、生活動線やライフスタイルに合わせて考えることで、暮らしやすい空間が生まれます。

工務店東京ビルドは多種多様な外壁材をご用意!デザインにこだわったローコスト住宅も可能

目黒区で工務店をお探しの方は、目黒区や世田谷区、大田区など幅広い地域での施工実績が豊富な東京ビルドにご相談ください。「オプションの必要がないほど設備仕様が充実している」とお客様からお褒めの言葉をいただくことも多々あり、上質と使い勝手の良さを備えた上で成り立つ本物の「ローコスト住宅」を提供いたします。

また、東京ビルドでは1000種類を超える外壁材を扱っています。デザイン・厚さなどお好みの外壁材をお選びいただけます。機能性に優れた外壁材も豊富にご用意していますので、外壁にこだわりたいという方もお気軽にご相談ください。

世田谷区や目黒区で新築住宅をお考えの方は、人に寄り添う工務店・東京ビルドにぜひ一度お問い合わせください。

目黒区で工務店に問い合わせをするなら東京ビルド

会社名 株式会社東京ビルド
設立 平成30年3月
代表者 加藤 祥
資本金 6,000万円(グループ連結)
住所 【本社・ショールーム】 〒150-0011 東京都渋谷区東2丁目14−13 leaf east B1 詳細を見る
TEL 03-6451-1586
URL https://www.tokyobld.co.jp/
事業内容
  • 建築工事一式及びそれに付帯する工事
  • 不動産売買及び管理
許可番号 TOKYO HOUSE HLD (般-30)第150004号