狭小住宅で快適に過ごすために

世田谷区をはじめ人気のエリアにマイホームを建てたい方におすすめなのが、狭小住宅です。狭小住宅なら世田谷区でも費用を抑えて注文住宅を手に入れることができます。こちらでは、狭小住宅のポイントと快適な暮らしにするための工夫についてご紹介します。

狭小住宅づくりのポイント

ポイントを説明する男性

狭小住宅が得意な業者に依頼する

狭小住宅を建てる際には、狭い土地を有効活用するために様々な工夫が必要となります。狭小住宅の実績が豊富な業者なら狭くても住み心地の良い住空間を作るノウハウが豊富です。

無駄なスペースをなくす

狭小住宅を広く使うためには無駄なスペースを徹底的になくした間取りにすることが大切です。デッドスペースがある場合はそこを有効活用できないか、地下室やロフトで収納を増やせないかなど、様々な工夫をすることで住空間が快適になります。

庭を作るなら「中庭」

庭を作りたいけれどスペース的に難しいという場合は、中庭といった手段もあります。中庭を作ると窓の数も増えるため、日当たりと風通しの良い家にもなります。また、プライバシーを保つこともできるので洗濯干場としても活用可能です。

住み心地の良い家を目指して

模型の大きな家に挟まれた小さな家

天井を高くして圧迫感をなくす

天井を高くすることで圧迫感がなくなり部屋が広く見えます。また、天井に傾斜をつけることでも部屋が広く見えますし、リビングを吹き抜けにすれば開放感が生まれ、部屋が明るくなるといったメリットもあります。

防音対策をしっかりと

狭小住宅は住宅が密集しているエリアに建てることが多いです。住宅が密集しているエリアでは、隣の住宅との距離も近くなる可能性があります。そのため、自分の家から出る騒音と周りからの騒音を遮断する防音対策をしっかりと行う必要があります。

床面積を確保したいなら三階建て

狭小住宅では生活に必要な床面積を確保するために、三階建てにすることも珍しくありません。三階建てにすることで家族構成やライフスタイルに合った独自の間取りを考えることができます。また、車を所有する場合は一階をビルトインガレージにすることで、自宅に駐車スペースを確保することが可能です。

三階建て住宅の場合は揺れ対策が必要

三階建て住宅の場合は、地震の際に揺れを強く感じることがあります。その理由は、面積が小さいほど高さと幅のバランスが悪くなってしまうからです。三階建て住宅にする場合は地盤の調査や設計をしっかりと行い、十分な揺れ対策をする必要があります。

リビングを広く見せる間取りや三階建ての住宅もお任せ!

狭小住宅でも無駄なスペースをなくし、間取りを工夫してリビングを広く見せることで、住みやすい住空間を叶えることは可能です。

世田谷区の狭小住宅に対応する東京ビルドは豊富な知識と経験があり、そのノウハウを活かしてお客様のご要望にあった間取りをご提案します。10年、20年、その先もずっと安心して快適に過ごすことのできる理想の住まいをご提供いたしますので、お気軽にご相談ください。

世田谷区で狭小住宅の施工なら東京ビルドへ

会社名 株式会社東京ビルド
設立 平成30年3月
代表者 加藤 祥
資本金 6,000万円(グループ連結)
住所 【本社・ショールーム】 〒150-0011 東京都渋谷区東2丁目14−13 leaf east B1 詳細を見る
TEL 03-6451-1586
URL https://www.tokyobld.co.jp/
事業内容
  • 建築工事一式及びそれに付帯する工事
  • 不動産売買及び管理
許可番号 TOKYO HOUSE HLD (般-30)第150004号