デザイン性も抜群!メリット豊富な狭小住宅

世田谷区は治安が良く、生活に便利な様々な施設があります。そのため東京都の中でも人気が高いエリアです。注文住宅を建てて世田谷区に住むなら、狭小住宅も選択肢にいれてはいかがでしょうか?

狭小住宅には様々なメリットがあり費用面でもお得になる可能性があります。こちらでは、狭小住宅についての詳しい説明とメリットをご紹介します。

狭小住宅とは?

ロフトから見た狭い部屋

狭小住宅に明確な定義はありませんが、一般的には約15坪(50平米)以下の土地に建てられた建築物のことを指します。狭小住宅は、都心部で多く見られ、その理由は都心部の土地価格や活用できる土地の少なさにあります。

都心部は生活に便利なため、土地の価格が高くなっているだけでなく、すでに多くの建物が密集しているという特徴があります。そのため、新たに家を建てるのが難しくなっているのです。

ただし、そのような特徴がある都心部でも狭い土地や活用しにくい形の土地は、その土地の平均価格よりも安く売りだされていることがあります。そのような土地を有効に活用するのが狭小住宅なのです。

狭小と聞くとマイナスなイメージを持つ方も多いかと思います。しかし狭小住宅では、狭さを感じさせない暮らしを実現するために、地下室を設ける、三階建てにするなど様々な工夫を行います。

間取りの工夫で住みやすい住宅にできるため、世田谷区をはじめ都心部で住宅を建てたいとお考えの方にとっては最良の選択となる可能性もあるのです。

メリットいっぱいの狭小住宅

豚の貯金箱と家の模型とお金

費用を抑えて人気エリアに住むことができる

先述したように都心部や立地の良い場所は利便性に優れているので、土地価格が高額になりがちです。また、希望エリアに売り出し中の土地がない場合もあります。しかし、狭小住宅を視野に入れることで、選択肢が広がるだけでなく人気エリアの土地を安く購入できるかもしれないのです。

維持費を抑えることができる

土地面積が狭いと毎年の固定資産税が安くなりますので、維持費用を抑えることができます。さらに床面積が少ないので光熱費も抑えられます。その他、建築時にも面積が狭いため安く建てられるというメリットがあります。

車が不要になる

また交通インフラが整っている土地に住むことで、車を持つ必要がなくなります。車がなければ駐車場が不要になるだけでなく、ガソリン代や自動車税、メンテナンス費用も不要です。その分、生活に潤いを持たせることもできるようになります。

デザインにこだわることができる

注文住宅は建築費が高いイメージがありますが、狭小住宅は土地代が抑えられる分、費用を内装デザインや外装デザインに充てることができます。そのため、費用を抑えてこだわりの家に住みたいという方には、メリットも大きくなります。

世田谷区で費用を抑えてデザイン性の高い家に住む

狭小住宅は間取りを工夫することで、費用を抑えながら快適な暮らしを実現することができます。世田谷区に注文住宅を建てたいけれど、費用は抑えたいという方はぜひ狭小住宅をご検討ください。

世田谷区や目黒区、大田区などで注文住宅の施工を承る東京ビルドでは、限られたスペースを最大限使った居住空間をご提供いたします。また、取り扱っている外装材も種類豊富ですので、外装デザインにこだわりたい方にもきっとご満足いただけます。お気軽に東京ビルドまでお問い合わせください。

世田谷区で狭小住宅なら東京ビルドにお任せ

会社名 株式会社東京ビルド
設立 平成30年3月
代表者 加藤 祥
資本金 6,000万円(グループ連結)
住所 【本社・ショールーム】 〒150-0011 東京都渋谷区東2丁目14−13 leaf east B1 詳細を見る
TEL 03-6451-1586
URL https://www.tokyobld.co.jp/
事業内容
  • 建築工事一式及びそれに付帯する工事
  • 不動産売買及び管理
許可番号 TOKYO HOUSE HLD (般-30)第150004号