WORKS

Case.074大田区東雪谷F様邸

敷地のポテンシャルを最大限活かした都会のコンパクト住宅

斜線規制や狭小地など都会ならではの制限がありがならも、敷地のポテンシャルを最大限に発揮した家。
ロフトスペースや吹抜けを採用し、空間の縦の広がりを活用することで開放感と居心地の良さを確保しました。
大きく斜めに切り欠いた片流れの屋根は、デザインを損なうことなく自然に斜線制限にも対応できるデザイン。
玄関アプローチの一角に作った植栽スペースの緑が、外観をさらに引き立て、日々の暮らしに彩りをプラスしてくれます。
広くゆとりある空間作りのテクニックが詰まった東京の家が完成いたしました。

シンプルで直線的なデザインに、大きくせり出したバルコニーが程よい立体感与えるシンプルモダンの外観。ホワイトタイル調の外壁は光の当たり方によって見せる表情を変化させます。

  • 家族と長い時間を過ごす場所だからこそ、居心地の良さやインテリアにこだわりたい場所。やさしいナチュラルカラーでまとめられた居心地の良い空間。

  • キッチンからお部屋の奥に向かって空間が広がるリビングは、明るく開放感が感じられます。

  • 外観のアクセントにもなっていた縦長の窓からもしっかりと光が差し込みます。どんなインテイリアとも相性のよいホワイト×ナチュラルの優しい色合いのコーディネート。

  • 2階にリビングをもってくることでコンパクトな都会のお家でも、しっかりと広さのあるリビングを確保できます。リビングからバルコニーが見えることで空間が緩やかに繋がり、より広々と感じられます。     

  • スライド式のキッチンは収納しやすく、物が取り出しやすいので使い勝手良好です。足元の引き出しまでしっかりと高さがあり、たっぷり収納できるので調味料のストックや普段使いのお皿など、キッチン周りで使う物がすっきりしまえます。

  • 2階のリビングが陽当りをしっかりと確保しながらも、人の目が気にならずゆったりと過ごせる空間。ナチュラルなカラーは置くインテリアを選ばず、お部屋がおしゃれに決まります。

  • すっきりと白でまとめられた明るいキッチン。食器洗い乾燥機など毎日の家事を楽にしてくれる便利な機能が備わっています。

  • キッチンやリビングからすぐの場所には、しっかりとプライベートを確保しながらも家族の気配を感じられる居室スペース。

  • どんなテイストのコーディネートにも馴染むナチュラルカラーの床材。柔らかい雰囲気のお部屋は、プライベートの時間をゆったりと楽しめる居心地のよい空間。シンプルで、家具の配置がしやすい間取り。

  • リビングから見える階段部分にはブラックのアクセントクロス。質感のあるブラックのカラーがリビングのインテリアをより引き立ててくれます。

  • 明るいホワイトでコーディネートされた清潔感溢れる洗面スペース。洗濯機スペースは固定パンではなく、キャスター付きの洗濯機置台を採用。ほこりや髪の毛などで汚れやすく、掃除のしにくい洗濯機周りが楽にお掃除できるつくりに。

  • 広めにとった収納スペースは、ご家族全員分のお洋服や季節物もすっきりとしまえます。1階部分に収納をとることで、アウトドアやゴルフ用品など外で使う大型の物も取り出しやすく使い勝手の良い動線に。

  • ホワイトの浴槽が映えるバスルーム。ナチュラルなベージュの前面パネルが圧迫感を出さず、程よく空間を引き締めます。

  • 階段下のデッドスペースになりがちな空間をトイレとして活用。コンパクト設計の便器を選び、より空間を広々と感じられるつくりに。

  • シンプルなコーディネートになりがちな階段周りに、シックなブラッククロスをアクセントで合わせ、空間にメリハリをプラス。

  • 斜線制限のかかる3階の廊下部分には、スペースを上手く活用しデスクを造作。2部屋の真ん中にあり、共同で利用できるスぺースは家族のコミュニケ―ションの場に。

  • ロフトや吹抜けなど、コンパクトな東京の家の空間を最大限活用するテクニックの詰まったお部屋。狭小住宅に強い東京ビルドだからこそできるご提案です。

  • スモーキーなカラーのアクセントクロスは重くなり過ぎず、程よく空間にメリハリをつけてくれます。落ち着きのあるカラーはナチュラルな床材とも相性抜群です。

  • ロフトを作り収納スペースをできるだけ多く確保することで、居住スペースをより広く利用できます。

  • 都会の限られた空間を最大限に有効活用したレイアウト。スモーキーなカラーのアクセントクロスが、空間に程よくメリハリをプラス。ヴィンテージ感のあるインテリアも決まる、こなれ感のある書斎。

  • 吹抜けをつくることで縦方向に空間の広がりが生まれ、より広く開放感を感じられます。

  • こちらのお部屋にもロフトスペースをつくり、北側斜線制限があっても無駄なくスペースを活用できるつくりに。

  • 窓の位置を少し後ろに下げ、軒の奥行を広めに取った3階バルコニー。真夏の強い日差しや雨が直接入ってくることも防げ、快適に過ごせます。

  • 一枚一枚パターンの違う磁器タイルを敷き詰めた玄関。天然石のような自然な風合いのある、高級感のある仕上がりに。備えつけの大型玄関収納は壁面と合わせてホワイトで統一、空間に広さをもたらします。 

  • 壁付けの大きな姿見は、身支度に便利なだけでなく、映り込みの効果でより空間を広く見せてくれます。クールな印象の磁器タイルと優しい木目調のドアを組み合わせが、ニュアンスあるエントランスを演出します。

  • 玄関アプローチの一角には住まいに彩りを添えてくれる植栽スペースを造作。木々の成長と共に街並みに馴染み、外観をさらに素敵に引き立てます。

  • 大きく斜めに切り欠いたシャープなラインの外観は、デザインを損なうことなく斜線制限にも対応できます。

  • シンプルな片流れの屋根のデザインは街並みにうまく溶け込み、すっきりと馴染みます。