WORKS

Case.081世田谷区下馬N様邸

眺望と開放感を存分に味わう、都心に生まれた寛ぎの邸宅

様々な種類の外壁が、空間に上手く溶け込むコーディネートを実現する邸宅。
キッチン部分からリビング部分にかけて突き抜けているLDKは、日常に開放感と寛ぎをもたらします。
また、眺望からは深緑が顔を覗かせ、日常と自然がシームレスに繋がる住環境を実現。
お部屋ごとに異なる多様な木目調の床材、2箇所配備されているWICやパントリー等、利便性と安らぎのコンテンツに満ち溢れる至高の邸宅に仕上がりました。

細かいスリットの造詣が硬質感を生む、シックな小端積柄を採用。エッジの効いたシルエットが上品な雰囲気を醸し出します。

  • 目の前の公園の緑を楽しめるように大きな窓がつけられたリビング。 両サイドの高窓はプライバシーを確保しながら光と風を取り入れることができる、心地よい空間になるような工夫がされています。

  • クロスとフロアタイルを暖色系のダスティカラーにすることで、あたたかみの感じられる家族の共有スペースに。 キッチンにはダークカラーを採用。アクセントカラーで空間が締り、洗練された高級感を演出します。

  • お料理中も会話をお楽しみいただける、ご家族が集まりやすいようなカウンターキッチンに。 コンロ部分にはあえて壁を設置し、ダイニング側への油はねを防ぎ、ご家族の安全にも配慮しています。

  • キッチンとダイニングの奥にそれぞれ大容量のパントリーを配備。 生活感を隠し、インテリアの邪魔をしない暮らしと調和されたスペース。 アクセントにダークカラーを採用した重厚感あるキッチンに。

  • 片側を全面収納にした、シンプル且つ広々としたベッドルーム。 窓が大きく、公園から薫る緑と爽やかな陽射しが部屋全体を包み込みます。

  • 住居全体に合わせた落ち着きあるカラーと無駄のないコンテンポラリーな廊下。

  • ダークブラウンの床は、インテリアによって様々なスタイルにも変幻自在。 ドアのホワイトカラーとくすみカラーのクロスはニュアンスを醸し出す、細かい色彩にもこだわった落ち着きのあるベッドルーム。

  • 長めのお洋服もかけられるよう、ハンガーパイプを高めに設置したウォークインクローゼット。 寝室内に設けているため、身支度がスムーズに行えます。

  • 1階に設けた少し大きめの収納スペースは、玄関から入ってどのお部屋よりも手前に。 外に持ち運ぶ荷物等の出し入れに便利です。

  • 大柄な石目模様を施し、より大理石らしさを主張したカウンター面と シックなグレインブラックで揃えた大型収納をセレクト。 ホテルのようなデザイン性と機能性を兼ね備えたラグジュアリーな空間に。

  • ブラックを基調とした、リラックステクノロジー搭載のハイグレード浴槽。お掃除がしやすく、冷たさを感じにくい床をセレクトした、日々の疲れを癒すスパのような至高のバスルームへ。

  • シンプルなカラーでまとめたシンプルなトイレ空間。 空気と光を取り入れる窓を設置することで、クリーンな空間をよりキープしやすくなっています。

  • 奥行ある開放的な玄関ホールにはハンガーフックを設置。 外出後のアウターをすぐにかけられる、ウイルス等を室内に持ち込まない「ニューノーマル」な暮らしをサポートします。

  • 重厚感あるダークな木目調の玄関ドア。内外のカラーを気にせずに家全体がバランスよく見えます。 ハンドルはマットブラックにすることで、汚れが目立ちにくくエレガントな玄関周りに。

  • 玄関前にたっぷり収納できる備蓄庫と、駐輪スペースを確保しています。 アウトドア派のご家族にピッタリの外部スペースへ。

  • 陽光をたっぷりと取り入れることのできる幅を活かしたバルコニー。 外からの視線を気にせずに洗濯物が干せる高さにアームを設置しました。

  • 多種のテクスチャーやピースごとの色彩やサイズがを上手にはり分けています。 採光による濃淡で陰影を豊かにし、深みを感じる洗練された外観。

  • 【初期建物参考プラン外観パース】